09月≪ 2011年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.31 (Mon)

Happy Halloween*

ク :「最近全く私の出番がないわね。」

クラウド

ク :「なのにこんな仮装だけはさせられて…。」


ク :「最後に登場したのはいつだっけ

クラウド1

ク :「あ、そうだそうだ。あの変な首飾りを貰った時だ…。」


ク :「大体最近このブログの更新が滞りすぎなのよ。」

クラウド2

ク :「おかげでわたしの出番はすっかりカット。」


ク :「もうみんな私のことなんて忘れてるわよ。」

クラウド3

ク :「まあそれならそれで別にいいけど


ク :「あ~あ、ハロウィンだからってみんな浮かれちゃって。」

クラウド4

ク :「とか言う私もいい年してこんな格好させられて…。
  全く風邪なんか引いたらシャレにならないわね



何はともあれHAPPY HALLOWEEN~



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : Blythe*Love! - ジャンル : 趣味・実用

19:13  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.27 (Thu)

久しぶりの面々*

シオン :「みんなが手伝ってくれたおかげで食後のデザートが
      思ってたよりもずっと早く完成したわどうもありがとう


サリ

偽リーダー :「なんのなんの僕たちでお役に立てたのなら光栄っスよ。」


ふら~り

サリ0

サ :「ただいまっスよ…。」


シオン :「あらサリーさんお帰りなさい

サリ2

シオン :「随分お早いご帰宅ですけどどうかなさいましたか


シオン :「サリーさん黙っていたのでは何もわかりません。」

サリ3

シオン :「もしよかったら話してくれませんか。気が楽になるかもしれませんよ。」


サ :「カジュアルと先輩がペアルックだって…。」

サリ4

サ :「あーしだけ仲間ハズレなわけだしぃ…


シオン :「まあ、それは本当ですの

サリ5

シオン :「だとしたら相当ショックですわね。」


サ :「しばらく一人になりたい訳でぇ~

サリ6

シオン :「わかりました。」


シオン :「あんなに落ち込んじゃってカワイソウに…。」

サリ8

偽リーダー :「ですね…。」


シオン :「悪いけどちょっとハーバー家に行って探ってきてもらえる

サリ9

シオン :「事と次第によっては何か手を打たないといけないわね。」

FC2 Blog Ranking

テーマ : Blythe*Love! - ジャンル : 趣味・実用

14:20  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.21 (Fri)

なんでぇ・・・*

サ :「あ、カジュアルじゃん。」

アラ

カ :「あらサリーさんですの。お久しぶりだこと…。」


サ :「ぷっ

アラ0

サ :「なんかぁ変なスカ~トはいてるしぃ~


カ :「あら

アラ1

カ :「このスカートは先輩様からのおみやげ物ですのよ。」


サ :「えっ

アラ2

サ :「確かカジュアルにはお土産は無かった訳だしぃ~。」


カ :「それがなんらかの手違いで遅れただけだったそうですわ

アラ3

カ :「この間先輩様たちがわざわざわたくしの家まで届けてくれたんですのよ。」


カ :「しかも…

アラ4

カ :「これ先輩様とお揃いですのようふふ


カ :「じゃあわたくし先を急ぎますので…。」

アラ5

カ :「ごきげんようサリーさん


サ :「ごきげんよう…

アラ6

サ :「なんで~カジュアルだけお揃いなわけぇ…

FC2 Blog Ranking

テーマ : Blythe*Love! - ジャンル : 趣味・実用

16:56  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.13 (Thu)

デビルイヤーは地獄耳*

ひよこリーダー :「甥っ子達は…

ヨル

ハ :「袋の中でぐっすり寝てるよ。」


ハ :「遊んでもらった上にお土産までこんなにもらって
   こいつらほんと甘やかされ過ぎだわ


ヨル0

ハ :「だけどあんた凄かったね。よくもまあ平気な顔して
    あんな大ぼら吹けるもんだわ。」



ひよこリーダー :「ハーバーさんが土壇場でビビりだすから
           僕がどうにかするしかなかったんですよっ。」


ヨル1

ひよこリーダー :「まああんな話信じてくれるのはカジュアルさんと
           サリーさんくらいでしょうけどね。」



ハ :「まあね。先輩じゃあ絶対に無理だわ…。」

ヨル2

ハ :「でもなんだかんだ言ってあの子も喜んでくれたし
   行ってよかったよね。」



ひよこリーダー :「そうですよっ。」

ヨル3

ひよこリーダー :「なんだかんだ言ってお世話になってる人たちですから。」


ハ :「って、それはあんただけでしょ。」

ヨル4

ハ :「あ、そうだあの服、あの子とお揃いに
   したいのならあんたわたしに新しいマリモ服作りなね。」



ハ :「あんなエロい服あたしゃ絶対着ないから。」

ヨル5

ひよこリーダー :「えっ、じゃああのトップスはどうなるんですかっ


ハ :「大丈夫。デビルイヤーの法則があるから。」

ヨル6

ひよこリーダー :「デビルイヤーの法則とは


ハ :「秘密は知られたくない人間の耳にまず一番に届くこと。」

ヨル7

ハ :「だから近いうちに必ずあのみどりの髪の子が
   マリモ服欲しがるからさ…。」


FC2 Blog Ranking

テーマ : Blythe*Love! - ジャンル : 趣味・実用

16:29  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.07 (Fri)

神様ですからっ・・・*

ひよこリーダー :「ハーバーさん、ハーバーさんっ

モウヒトツ

ひよこリーダー :「もう1つお土産があるじゃあないですかっ


ハ :「あぁ、そうだったね。」

モウヒトツ0

ハ :「思わず忘れるところだったよ。」


ハ :「あのさ、これなんだけど...。あんたに似合うと思って...。」

モウヒトツ2

カ :「一体そのミドリの物体はなんですの


カ :「なんとも悪趣味な...。」

モウヒトツ4

カ :「全く持ってわたくしの好みじゃありませんわね。」


カ :「お気持ちだけはありがたく受取っておきますわ。」

モウヒトツ3

カ :「でもどうかそれは持ち帰って下さいませ。」


ひよこリーダー :「カジュアルさんあなたなんてこと言うのですかっ

モウヒトツ8

ひよこリーダー :「そのミドリのはマリもんと言って虹の池の守り神なのですよっ



ひよこリーダー :「虹の池に散らばった虹の破片の中でも選ばれたものだけが長い年月を
           かけて池の中を転がりまくり、いつしか藻だらけとなってそういう
           に変わっていくのです。」


モウヒトツ9
(あくまでもイメージ画像)

ひよこリーダー :「そして池の守り神となり地域の安泰を守って下さってるのですよっ


カ :「じゃあそのミドリは神様なの

モウヒトツ7

ひよこリーダー :「そうです。とてもありがたい存在なのですっ。」


ひよこリーダー :「しかもそれハーバーさんとお揃いですよっハーバーさんのはスカート
           ではないけど同じミドリがついてるんです。」


モウヒトツネ

カ :「まあ...、先輩様とお揃い...。それはステキかも...


ハ :<ひよこのやつまた余計なことをいいよって...
    あんな服着れるわけないじゃんっそれにマリもんってなにさっ


モウヒトツネ1

ハ :<それにしてもよくこんな嘘話を信じるよなあ...。
    ピュアっちゃあピュアだけど、バカっちゃバカ...大丈夫かこのこは...



カ :「そう神様なのねこの子は...

モウヒトツネ0

カ :「その上先輩様とお揃いとなればありがたく頂戴しないわけには
    いきませんわね大切に着させていただきますわ...。」



FC2 Blog Ranking

テーマ : Blythe*Love! - ジャンル : 趣味・実用

19:10  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.03 (Mon)

良心の呵責*

カ :「これがその虹の砂と言うものですの...

カス

ハ :「えう、うん、一応...


カ :・・・。

カス0

カ :「虹というのにこれ七色以上ありますのね...。」


ハ :「えっ

カス1

ハ :「そりゃきっと気のせい気のせいだよ、気のせい...


カ :「だけどこれ黒とか白まで入ってますし虹というよりは...、」

カス2

カ :「・・・カス


ひよこリーダー :「違いますよっカジュアルさんっ

カス3

ひよこリーダー :「虹の池はもともと普通の池だったんです。」
         

ひよこリーダー:「水害で池の水が反乱した時、虹のお姫様が虹の架け橋を作って
           孤立した村人達を助けてあげたのです。」


カス5
(なぜかハーバーちゃんがお姫さま)

ひよこリーダー :「その時の虹の橋が崩れ落ち池の中に破片が散らばりそのため
           池の水が虹色になったという伝説があるのですよ...。」



カ :「まぁ...

カス4

カ :「とてもステキなお話ですこと...


ハ :<ひよこのやつまた適当な話作り上げて...

カス9

ハ :<しかも全く辻褄の合わない話をこのお嬢さま信じちゃってるし


ひよこリーダー :「ですから虹の破片の他にも本からあった砂もあるわけでして、」
         
カス8

ひよこリーダー :「 虹色のほかに黒とか白が混じっていてあたりまえなのですよっ。」


カ :「確かに...仰るとおりですわ。」

カス6

カ :「先輩様...、疑ってしまい申し訳ありませんでしたわ...。」


ハ :「いや、う、うん...、」

カス7

ハ :「別にいいよ...。」


カ :「先輩様の思いのこもったこの砂をわたくし宝物にしますわ

カカス

ハ :「なんかそんなこと言われると心が痛むかも...

FC2 Blog Ranking

テーマ : Blythe*Love! - ジャンル : 趣味・実用

18:30  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.01 (Sat)

大嘘つき*

ハ :「ねえねえいいかげん機嫌を直してよ~

マダマダ

ハ :「ほんっとに悪かったって思ってるんだからさ~


ひよこリーダー :「あーカジュアルさんがいらないんだったら僕がもらってしまいますよっ

マダマダ0

ひよこリーダー :「なんてったってこれはそこでしか手に入らない限定品ですからねっ


ひよこリーダー :「ハーバーさんの地元でしか手に入らないものですから
           それだけでもかなり貴重なものなんですけどねえ~。」


マダマダ1

ひよこリーダー :「なんでも最近虹の池なる場所が発見されたらしくとても
           人気になってるそうなんですよっ。」



ひよこリーダー :「そこにある虹の砂を持ち帰り好きな人にあげると
          その人は幸せになれると言われてるんだとか...。」


マダマダ2

ひよこリーダー :「それをハーバーさんは是非ともカジュアルさん
          差し上げたいと言ってくれてるのですがいらないなら
          しょうがないですよね...。」



ハ :<こ、こいつ...しれっとした顔してよくも平気で嘘を...

マダマダ8

ハ :<虹の池って一体なにさそんな存在しないものの話をよく
    ここまでペラペラと適当に話せるもんだよっ...



ひよこリーダー :「カジュアルさ~んっ、いいんですね~

マダマダ4

ひよこリーダー :「僕がもらってカジュアルさんの代わりに幸せになっちゃいますからね~。」


ひよこリーダー :「あ、そうだサリーさんに差し上げるって手もありますねっ

マダマダ5

カ :「・・・待って。」


ハ&パパ :「おぉぉぉーーーー

マダマダ6

カジュアルちゃんパパ :「カジュアルちゃんが久しぶりに顔を見せた


カ :「虹の砂をこちらへ...。」

マダマダ7

カ :「サリーさんに取られるのだけは絶対に嫌っ

FC2 Blog Ranking

テーマ : Blythe*Love! - ジャンル : 趣味・実用

19:01  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。