08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.31 (Mon)

実際に作ってみましょう その4

今日はスカートの裾を縫うところから始めます。
まずは脇の縫い代にアイロンをかけます。
アイロンはミシンかけと同じくらい大切な作業なのだよ

2008_0328milkglass100029.jpg


縫い代のアイロンをかける前にルレット(ギザギザでないやつ)で印つけです。
要するに和裁のヘラ代わり。

2008_0328milkglass100030.jpg


こうやって5ミリのところにルレットでラインを引きます。

2008_0328milkglass100035.jpg


これが引き終えたところ。
指先で軽く押さえておくとよりアイロンをかけやすいですわ。

2008_0328milkglass100036.jpg


アイロンをかけたあと、邪魔な縫い代をカットしちゃいます。
別にカットしなくていいのだけど、こういう段差にミシンは案外弱いので
針目が乱れやすいのねー。なのでわたしはここでひと手間かけておきます。
ミシンがけの途中針が飛ぶことほどストレスを感じることはありませんから…。

2008_0328milkglass100039.jpg


これがカットした後。
切りすぎちゃうとほどけてきちゃうので程々が大事

2008_0328milkglass100040.jpg


そして2~3箇所まち針で止めて、ミシンをかけます。
このスカートの裾は曲線なので少々縫いづらいですが
(曲線の場合縫い代よりも実際に縫う所の方が距離が短い為少したるんでしまうのです。)
そこは指先で適当にならしながら強引に縫い上げます。

2008_0328milkglass100041.jpg


今日も左下のmoreに続きます。

【More】

さてさてようやっと見返しの処理といきましょうかー。
わたしは頭のなかに見返しがどのようなカタチなのかが
入っているので適当に切って見返しを作ることができますが
慣れてない人は見返しの型紙を作って一度この状態であててみるといいでしょう。

2008_0328milkglass100042.jpg



大体こういう感じになればいいわけね
脇の部分は縫い代から下に1センチ以上は見返しを残すようにしないといけません。
ダーツの部分に見返しがかぶるとごわつくので
そこはしっかり避けるようにカットしておきます。
そしてここでようやっとセンターをカットします。
最初から切っておくと見返しを縫うときズレたりしてやりづらいからさ。
襟ぐりもくり抜かないとねー。
本当ならこの段階でカットした部分にほつれ止めを塗るのですが
今回は塗り忘れてました…

2008_0328milkglass100046.jpg


きれいにひっくり返す為に襟ぐりに切り込みを入れます。
小さな小さなお人形の服ですから切りすぎたらアウトだよー。

2008_0328milkglass100048.jpg


同様に脇にも何箇所か切り込みを軽く入れておきます。

2008_0328milkglass100049.jpg


明日はいよいよどんでん返しだよ。
この見返しの処理の仕方は覚えておいて損はないのだ!
なかなか使える方法なりよー。

FC2 Blog Ranking

テーマ : ドール - ジャンル : 趣味・実用

02:00  |  実際に作ってみましょうシリーズ  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。